目の下のたるみを消すために私が行ったこと

コンプレックスだった目の下のたるみ

目の下たるみは昔からコンプレックスがありました。
私の場合は生まれつきのたるみのようで、学生時代から鏡を見てはため息をついていました。
特に横顔を鏡で見た時に、下まぶたから頬骨にかけての部分に妙なふくらみが目立ちました。
インターネットなど普及していない時代でしたので、これが何なのか、ずっと疑問を持っていました。
ある程度仕方がないと長年受け入れてはいましたが、最近またこの目の下のたるみが嫌になり、ネットで調べたところ、このたるみは「目袋」というものだとわかりました。
私は素の顔をしている時、女性らしく可愛い涙袋がほとんどなく、目の下に力を入れた時に涙袋が出ます。
しかし、目袋が一緒にふくらみ、目の下に二重のふくらみが出ます。
この目袋を取りたくて取りたくて仕方がありませんでした。
しかし、私は古い考え方の人間のようで、プチ整形をするのは抵抗がありました。
親からもらった顔や体をいじるのがとても嫌だという思いがあります。
しかし、目の下のたるみは取りたい…。
経済的にもプチ整形は無理なので、私はこれから毎日、目の周りの筋肉を鍛える体操とマッサージ、アイクリームを続けることにしました。

コンプレックスだった目の下のたるみプチ整形でも経済的に厳しかった実際に使用している人の声を聴こう